3-1自然、文化遺産

備瀬崎ビーチ/びせざきびーち

干潮時に天然プールができあがる、備瀬崎ビーチのご紹介。天然プールでは、スノーケルも楽しめますが、水に入らずとも熱帯魚を観賞できるのが魅力です。

駐車場から海へ降り、右へ右へと50メートルほど進むと写真のようなエリアに出ます。
こちらは、海に入らず、陸から水面を映した写真です。ご覧のように沢山の熱帯魚に出会えます。
天然プールの条件は、海水の高さが80センチ以下になるタイミングです。潮見表などで確認しましょう。
スノーケル、浅瀬での生き物探しなど、小さいエリアで様々な遊び方ができます。
実際に現地でスノーケルにより撮った写真です。
結構目が合うと怖いものです。
黄色や青など様々な魚がいます。必ずスノーケルシューズを持参しましょう。
天然プールエリアは写真奥の方ですが、ビーチ自体は広く、水族館の方に向かって備瀬のフクギ並木と並行し、長い砂浜が続きます。本部のおやつを、海を見ながらゆっくり楽しむのも良いものです♪
備瀬の海でプライベートで船を出すと、こんなところで泳げたりします。いつまでも綺麗な海であってほしいですね。

当然ですが綺麗な海ですので、近隣の業者による備瀬の海を満喫する様々なツアーが開催されています。良い思い出をつくってください!。

備瀬崎ビーチ
沖縄県国頭郡本部町備瀬 本部港から約6Km
駐車場有(2019現在1回500円)、近くにローカルな売店、小さいシャワーレンタル有り

7,377 Comments