1-1本部町の魅力

海、山、川と自然に恵まれた本部町

青い海で有名な沖縄県ですが、本部町は、海はもちろん、山も、川も楽しめる、豊かな自然に恵まれた土地です。
移住を計画する方にとって、沖縄の自然は大きな魅力と思われますが、ここでは、本部の海、山、川についてご紹介したいと思います。

本部の海
本部半島の先っぽに位置し、かつ離島も持っている本部町ですから、人気のビーチ、スノーケルスポットが沢山あります。休日はもちろん、出勤の前後や昼休みでもスノーケルできてしまうそんな贅沢なライフスタイルを目指せるのが本部で働くということです。
各スポットはどれも個性豊かで、様々な楽しみ方ができます。あげればキリがないのですが、少しだけ。

・備瀬崎ビーチ(干潮時には天然プールができあがり、海に入らずとも熱帯魚を観賞できます。)
・瀬底ビーチ(沖縄本島人気No1と言っても過言でないビーチです。天然の白砂とスノーケルで有名です。長らく事実上の閉鎖状態でしたが、2020年にヒルトンにより復活します!)
・ゴリラチョップ(ダイビング、スノーケルで有名です。初心者にも最適。)

ゴリラチョップでのダイビングなど各種体験プログラムはこんな感じです。

・水納ビーチ(フェリーで15分で着くクロワッサン型の島のビーチです。とにかく綺麗で、観光客にも大人気!)
名もなき、小さな隠れ家ビーチ。

まだまだ他にもありまして、上記のようなほとんど誰にも知られていないプライベート感たっぷりの小さい隠れビーチも沢山あります。 お気に入りの海がきっと見つかると思います。

本部の山
あまり知られていませんが、本部は美ら海水族館からすぐの山里という地域に、日本で唯一となる、円錐カルストという、特色ある地形の山々を持っています。
簡単にいうとピラミッドのような形をしており、白色の尖った岩で構成されています。いざ登ってみると、それはめちゃくちゃハードで(しっかりとした装備、熟練者との登山とお考え下さい)、しかし、登り終えた後の景色は、そりゃめちゃインスタ映えする凄いものです。かなりの衝撃あります。(→是非、こちらのもとぶ観光協会のページからご覧ください。)
円錐カルストは複数の山々からなっており、本部富士なるものもあり、チャレンジの価値大です。
その他にも、本部半島中心部には、車で簡単に行ける八重岳を始め、国道、県道を少し外れると、緑に恵まれた山々の景色を楽しむことができます。

山里の円錐カルストのひとつ、デーサンダームイの頂上からの景色。

本部の川
ほぼ全く知られていませんが(笑)、本部には世界で2本しかない貴重な川が流れています。それは「塩川」というもので、その名の通り、塩水が流れているという謎の川です。世界でも珍しいらしく、プエルトリコと本部だけ、とか。
原因は謎とのことですが、そもそも誰かちゃんと調べた人はいるのでしょうか?(笑)
天然記念物となっていますが、是非一度、その味を確かめに行かれてはいかがでしょうか?
その他、本部半島の中心の県道に沿って、満名川が流れています。

謎多き、塩川。国指定の天然記念物です。

以上、ここでは海山川の話をまとめてみました。その他にもフクギ並木や、日本で一番早くさくら、パワースポットとして知られるワルミ、アセローラ畑にシークワーサー等々、自然の魅力が沢山!
小さい町にこれだけの自然があるのは、子育ての場所とても魅力的ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です